その21 古の土壁、版築

  • 「版築」とは、古くは法隆寺、身近なところでは西宮戎神社で用いられている土を突き固めただけの壁です。強度と耐候性を補強すべくセメントを微妙な配合で混ぜ一般に使用するに耐えるよう作りました。
    やはり土の壁には緑が映えること間違いないですね。

    ウナギの寝床の玄関に採光庇

その22 砂利投付け砂漆喰

  • 砂利が沈みすぎないように見せたかったので、抽象画を描くように砂利を壁に投付けました。
    即興的で勢いの感じれる仕上がりになりました。

    砂利投付け砂漆喰

その23 世界の車窓からスーパーワイド窓

  • このお宅は地域の公園に隣接しているので、プライバシーを確保するために2階にリビングを設けています。
    2階からの眺望を活かすために、通常、木造住宅にはあまりお目にしない4mを超える超横長窓を、アルミサッシ製作範囲の限界に挑戦してつくりました。
    まさにパノラマビューで公園を一望できます。

    世界の車窓からスーパーワイド窓
    世界の車窓からスーパーワイド窓

その24 鮮やかな色の組み合わせ

  • ほんの小さなスペースでもちょっとした色使いの工夫で鮮やかに演出できます。
    お施主さんもこういう元気が出る配色は気持ちがいいとおっしゃっていました。

    鮮やかな色の組み合わせ

その25 アアルト好きのための花壇

  • 北欧デザインの好きなお施主さんの住宅です。
    インテリアには北欧のビンテージキャビネットやウェグナー、ヤコブセン、アアルトの名作椅子がズラリと勢ぞろいするような「THE LIVING ROOM」といった空間です。
    そのアプローチにもどうせならちょっとひと工夫をと思い、アルバ・アアルト御用達のオーロラのようなアアルトカーブで花壇を積みました。
    直線的なアプローチのなかに極端な曲線でレイアウトされることによりより自然にエントランスへと導かれます。

    アアルト好きのための花壇

その26 男の群青伊太利亜磨き

  • 左官の仕上げのグレードで手間のかかる順にザクっというと、「均し→押え→磨き」といわれてます。
    プラネタリウムの星空のようにも、焼き物の景色のようにも見える、五感を刺激される壁になりました。

    男の群青伊太利亜磨き
    男の群青伊太利亜磨き

その27 転落防止階段柵

  • 子どもが階段から転落するのを防ぐための柵として、よく見かけるプラスチック製のワンタッチ式のものは、開けにくいうえにインテリアを完全に破壊してしまうように思い、オリジナルで作ってみました。
    ロックは三文判サイズのカンヌキでつくり、開け閉めする際には軽くそのカンヌキを抜いてスライドさせ、あとはコトンとカンヌキが落ちるまで開ければ半自動ロックされます。万が一カンヌキをなくしたとしても100円ショップで三文判を買って代用できるようにしています。
    また、この「ゲート」は、階段室つたいに冷房時に冷気が逃げることを緩和することにも一役買っています。

    転落防止階段柵
    転落防止階段柵

その28 陶器手洗いボール

  • お施主さんから世界にどこにもない手洗いボールをとのリクエストにお応えして、腕試しで良ければということで思い切って作らせて頂きました。
    設置場所が独特な配置でしたのでその配置を生かした正面のないどの方向からでも使えるボウルをデザインから製作しました。
    陶器ボウル作りのセオリーも知らないので建築的な解釈で作りました。
    未だ似たようなものはお目にかかったことがありません。/p>

    陶器手洗いボール
    陶器手洗いボール

その29 男の八角門柱杉型枠打ち放し

  • 「シンボリックな門柱」をというリクエストにお応えしてつくりました。
    コンクリート打ち放しといえばグレート安藤(忠雄)ですが、グレート安藤流コンクリート打ち放しはガラスのように均質で整ったものです。
    やはり男の打ち放しといえばル・コルビュジェのラ・トゥーレ修道院のような荒々しいコンクリート!
    足場板を型枠にバンセンで締め現場でズドンとコンクリートを流し込み、縁起のいい数字8の辺を持ち、寺社仏閣でも形作られる(八角堂等)8角の門柱にしました。といいながら実は1辺の幅がポスト口のサイズにちょーどええ!感じだったのと全体のプロポーションがちょーどええ!感じだったので8角にしました。とりあえずシンボリックにはなりました。

    男の八角門柱杉型枠打ち放し
    男の八角門柱杉型枠打ち放し

その30 立体交差階段

  • ローコストで既成観念にとらわれない大空間の家が欲しいとのリクエストにお応えして、ダイニングの吹抜けに2階への階段、さらに2.5階バルコニー部分への空中廊下を設け、それらが空間で立体交差することでさらにスケール感が高まるようにしました。
    家に居ながらにしてアスレチックな気分を味わうことが出来ます。

    立体交差階段

建築少年カワバタのここがシブい!

  • 「ここがシブい!」 その1〜10
  • 「ここがシブい!」 その11〜20
  • 「ここがシブい!」 その21〜30
    • 古の土壁、版築
    • 砂利投付け砂漆喰
    • 世界の車窓からスーパーワイド窓
    • 鮮やかな色の組み合わせ
    • アアルト好きのための花壇
    • 男の群青伊太利亜磨き
    • 転落防止階段柵
    • 陶器手洗いボール
    • 男の八角門柱杉型枠打ち放し
    • 立体交差階段
川畑巌

川畑 巌

ザ・タクトホームのデザイン・設計から現場監督までなんでもこなすマルチプレーヤーにして、建築大好き人間。こだわりのある案件ほど、なんとかするぞと燃えるタイプ。
そんな川畑のアイデアと努力の結晶をご紹介します。