家づくりの極意 人生を楽しむ家づくり

人生を楽しむ家づくりイメージ

家は、寝食をするためだけの箱ではなく、
あるいは眺めて楽しむ建築作品でもない。
家は、 暮らしのための「道具」であると私たちは考えます。
人生を楽しむための道具と言っていいかもしれません。

では、「人生を楽しむための道具」とはどんな家でしょうか?

例えるならば、適度に履き込んだデニム、
持つだけで何かを書きたくなるような万年筆、
肩から下げれば週末の外出が待ち遠しくなる、
お気に入りのショルダーバッグ。
そんな、決して高価なものではないけれど、
なぜか心と体を自然にウキウキさせてくれるような家です。

そして「道具」としてもうひとつ大事なことは、
使えば使うほど味がでて、愛着がわいてくること。
そのためには、新築のときのきれいさよりも、
20年、30年と時間を経たときの、
にじみ出てくるような美しさを想像しながら
私たちは素材と工法を選んでいくことを心がけています。

ムダを省き、永く愛せるもを丁寧に選んでいく「用の美」こそ、
「人生を楽しむための道具」としての美しさと考えるからです。

CONCEPT 家づくりの極意

  • 人生を楽しむ家づくり
  • 華麗さよりも骨太の家づくり
  • 思いをカタチにする家づくり
  • 対話してつくる家づくり
  • 強靭な構造の家づくり
  • 省エネですごしやすい家づくり